風俗恒例の儀式

三回目なので、出会ってソッコーでキスです。キス好きな風俗嬢で、初回はこちらの唇がふやけるくらいまでキスされちゃいました。風俗嬢いわく、僕はタイプらしいです。若いですからね。風俗客としては、それだけでアドバンテージがあるんだと思います。お互いにキスしまくって、徐々に全身リップに移動します。まずは此方が受ける番です。乳首を舐められ、首筋を舐められ、耳を舐められます。耳を舐められるのは僕も好きなので、何度もってお願いしました。向こうも耳舐めが好きらしく、お互い疲れ果てるまで嬢は耳を舐め続けていました。少し休憩――膝枕をされながら雑談です。こういうラブラブ感って心地よくて最高です。次もまた仰向け。今度はパイズリです。射精しそうになったところで、フェラチオに替えてもらい口の中で射精しました。口内射精とか、ピンサロ以来だったんで嬉しかったです。最後は恒例の騎乗位素股です。ローションをペニスにかけられ、そのままゴシゴシと扱かれました。

寡黙な風俗嬢を鳴かせたい!

サイトに貼ってあった写真は眩しいくらいの笑顔で、元気な子なんだろうなぁ?って思っていたけど実物はそうでもありませんでした。「無理にそう撮らされただけで、そんな弾けキャラじゃないです」って言ってました。根暗とまではいかないけど、非常に落ち着いた感じの風俗嬢でした。物静かなタイプですが、コミュ力がないというわけではないようで、終始いろいろ楽しい話を聞かせてもらいました。プレイ内容はちょっとマニアックに、スパンキングを実行。シャワーからあがり、どんなプレイがいい?って聞かれて、ちょっと間を空けてスパンキングを要求しました。寡黙な風俗嬢の驚く表情が見たかった故に発言しました。でも、あんまり表情を変えず、わかりましたといってお尻を差し出してくれました。残念!だったけど、まぁこれもまた魅力でしょう。お尻をペシペシと叩きました。もっと色んな表情が見たかったですね。次また風俗を利用するときはバイブを使って思いっきり鳴かせてあげたいです!